システム受託開発

■長年の豊富な経験と実績に裏打ちされた、ハイクオリティな開発体制により、 ご満足いただけるソリューションをご提供いたします。

「システム開発」と一口に言ってもその範囲は非常に広く、様々な分野、種類のものが存在します。 例えば、在庫管理システム、顧客管理システム、請求、支払いシステム、コールセンターシステム、インターネット予約システムなど多種多様です。 弊社ではシステム導入の初期段階からプロジェクトに参加させていただき、要件定義、設計、開発に至るまで全工程にしっかり対応する体制をご提供させていただきます。 そこから貴社に最適なソリューションを提案にはじまり、業務革新のお手伝いを実施させていただきます。 また、弊社が持つパッケージの中に貴社が実現したいシステムにマッチングしたパッケージが既にあるかも知れません、一度弊社までお問合せください。

【開発実績カテゴリ】 ERP、販売管理システム、SFA、会計システム、ホームページ制作、クリック広告、SNS構築システム、ネットワーク保守代行、いろいろな開発実績があります。

<お問い合わせからシステム納入まで> >

STEP1お問い合わせ

具体的な開発イメージがなくても気軽にお問い合わせください。また、どんな些細なことでも不安な点や分からない点はご質問ください。 お問い合わせはこちらから

STEP2ヒアリング

お問い合わせいただいた内容により、弊社が責任を持ってお手伝い可能な場合には、ヒアリングを行わせて頂きます。 御社の課題や業務改善目標をお聞かせください。必要に応じて、秘密保持契約書を締結させていただきます。 責任を持ってご提案させていただくためのステップです。

STEP3ご提案



ヒアリング内容を基に、弊社のノウハウを結集して、御社の業務改善ニーズを最大限に実現するシステムをご提案させていただきます。同時に、お見積書も提出いたします。なお、お見積もり金額はその後の要件定義の内容によって変動する場合があります。 必要に応じ、ご納得いただけるまでご提案内容の改変を行います。

STEP4ご発注



ご提案内容ならびにお見積もり金額につきご了承を頂きましたら、ご発注いただきます。 ご発注に際しては、基本契約書を締結させていただきます。

STEP5要件定義



ご提案内容に基づき、「画面イメージ」「帳票イメージ」をご提出しながら要求事項を詰めていきます。

STEP6開発

要件定義に従って、システムの開発を実施いたします。(弊社内部はISO9001:2000の流れに沿って開発を実施します、 開発中は、週報、月報、Q&A表、連絡表、定期報告を行わせていただきます。 また状況によりメール又は電話など使って、お客様に状況をお知らせします)

STEP7検証



運用マニュアルを基にシステムのテストをしていただきます。 当初の予定通りにシステムが稼働しているかどうかご確認ください。

STEP8納品



検証完了をもって納品となります。開発費用はこの時点でご請求させていただきます。(※開発案件によってはこの限りではありません) なお、本稼働後の保守も責任を持って対応しておりおます。ご安心ください。(納入1年後は有償保守)